ホーム  >  「住宅ローンの審査が通らない人の共通点」

「住宅ローンの審査が通らない人の共通点」


1.個人情報編
銀行が何をもって審査を行うのか・・・住宅ローンを返済を確実にしてくれる方!ただ単純にこれだけを考えています。
今のご時世、銀行の立場になって考えればどんどん沢山のお客様に住宅ローンを融資し利息を頂ければ銀行は儲かっていきます。
つまり、銀行はどんどん融資をしたいのです!
ただ、銀行が融資したお金が返ってこなければただの貸し損・・・。不良債権。最大のリスク。
まとめると、確実にお金を返してくれる方にどんどん貸したいということになりますね。
では、何をもって確実にお金を返してくれると判断するのか。
今までの支払いの履歴です!実は知らない方が多いのですが、、、個人情報はかなり細かく残されているのです。
携帯電話の購入、クレジットカードの使用、車のローン。契約日から総額、残債まですべて載っています。
興味のある方はCICで検索してみてください。
スマホから情報を取得することも出来ます。
https://www.cic.co.jp/
CICなど他にもJICCや個人情報を取りまとめている機関から情報を得て、過去の支払いの履歴、お借り入れの内容などを見て
このお客様は支払日に遅れなく、ちゃんと払っている!・・・この実績を見て確認しているのです。
もちろん、返済日に遅れなく支払いをされている方は問題ありません。
ただ、うっかり口座にお金がなく返済ができていなかった!次の日電話などかかってきますよね・・・
これも支払い遅れです・・・。この支払い遅れの数が多ければ多いほど信用はされません。
毎月1日遅れで払っている。お金がなく少しだけ払っている。このような状態の方は残念ながら審査に落ちます。
年収が3000万円あろうと公務員だろうと関係ありません。お金の問題ではなく信用なのです。
しかし人は誰でも間違いはありますよね。
過去5年間の間に2回から3回くらい支払い遅れの履歴があっても住宅ローンは通るのです。
なので携帯電話の料金の支払い遅れや車のローンの支払い遅れなど心当たりのある方でも
数回であれば問題ないのです。
月の支払いが100円のものでも、20,000円でもお金の問題ではなく
毎月、毎月の信用が大事になります。
今心当たりのある方も審査が通る方法もありますので是非このサイトをご覧ください。
住宅ローン相談窓口
https://www.loansodan.com/
次回、年収編です!
ありがとうございました。


ページトップへ