ホーム  >  現在既に住宅ローンを持たれてる方の例



2021年2月  M様の場合
既に住宅ローンあり・借入が多いお客様
職業・役職 会社員 年齢 46歳
勤続年数 正社員 3年 家族構成 妻・子3人
月給・年収 420,000円・550万円 住宅ローン 80,000円
借入先件数 高金利 4件 借金 総額380万円
購入前合計

200,000円

購入後合計

98,000円

  • 内訳
  • 購入物件価格 3,380万円
  • /
  • おまとめ総額 380万円

センター長からのコメント

今回のお客様は家庭の事情で借り入れが増えてしまい住宅ローンの支払いと借り入れの支払いで20万近くお支払いをされていた方です。 おまとめローンを使用して月々の支払いをかなり抑える事ができました。 相談して良かったととても喜んでいただいたお客様です。

2020年12月  U様の場合
住宅ローン、他多数の債務があったお客様
職業・役職 IT企業 年齢 42歳
勤続年数 正社員 3年 家族構成 妻・子 2人
月給・年収 48万円・580万円 住宅ローン 125,000円
借入先件数 高金利 3件  住宅ローン 1件 借金 総額1,780万円
購入前合計

195,000円

購入後合計

130,000円

  • 内訳
  • 購入物件価格 4,700万円
  • /
  • おまとめ総額 400万円

センター長からのコメント

医療費やその他の事情でお借入れがあり、ご相談を受けた案件でした。住宅ローン融資の条件が厳しく、ご自宅の既存ローンの完済も条件でしたので、お客様の物件を弊社が買取し、その他債務もおまとめし、度重なる困難を乗り越えて無事に新たにご自宅もご購入されました。ご家族の方も大変喜ばれて幸せな生活を送られています。

2020年9月  Y様の場合
多額の債務返済におわれ住宅を手放すことになったケース
職業・役職 有名企業 管理職 年齢 45歳
勤続年数 正社員 9年 家族構成 妻・子 3人
月給・年収 60万円・720万円 住宅ローン 165,000円
借入先件数 高金利 5件  住宅ローン 1件 借金 総額4,730万円
購入前合計

350,000円

購入後合計

170,000円

  • 内訳
  • 購入物件価格 6,280万円
  • /
  • おまとめ総額 4,730万円

センター長からのコメント

住宅ローン以外の債務が生活を圧迫しており、家計簿がマイナスの状況下にあったお客様でした。 当初は優遇金利で元金と金利のバランスが保たれており、支払いが滞ってなかったのですが、支払いに遅延が生じたために、金利が元金を上回り他債務が増えていくケースでした。融資を受け全てをゼロにしていくには既存の持ち家の残債も完済することが絶対条件でした。愛着の深い家でしたが、マイナスをプラスにする必要性があったので、手放すことに初めは躊躇しておりましたが、ご家族の為にご決断されました。とても困難な案件でしたが住宅ローンに強い弊社の特徴を活かし、新たな持ち家も購入することができ、ご家族も皆とても喜ばれていました。

2020年4月  M様の場合
月々の住宅ローンを減らしたいお客様
職業・役職 カメラマン 年齢 38歳
勤続年数 正社員 2年 家族構成 独身
月給・年収 29万円・400万円 住宅ローン 11万円
借入先件数 高金利 1件              住宅ローン1件 借金 総額1,530万円
購入前合計

14万円

購入後合計

79,000円

  • 内訳
  • 購入物件価格 ¥3,010万円
  • /
  • おまとめ総額 ¥1,530万円

センター長からのコメント

M様は当初に高金利で住宅ローンのお借入をされており 月々のお支払いが厳しい状況でした、現状を変えるために 買い替えをご提案させて頂きました、住宅ローンを組む際には あわせてローンを組む事は出来ないので一度弊社にて買い取り ローンの一括返済をしていただく必要がございました。 手順としては契約の回数が多くなってしまったり、 手続き上の困難がいくつかございましたが、M様のご協力もあり 無事、買い替える事に成功致しました。

2020年3月  N様の場合
住宅ローンと負債が重なり返済が厳しいけれど、賃貸には住みたくない
職業・役職 販売営業 一般 年齢 45歳
勤続年数 正社員 12年 家族構成 妻・子 2人
月給・年収 48万円・780万円 現住宅ローン 130,000円
借入先件数 高金利 5件 借金 総額400万円
購入前合計

223,000円

購入後合計

145,000円

  • 内訳
  • 購入物件価格 ¥40,000,000
  • /
  • おまとめ総額 ¥4,000,000

センター長からのコメント

n様は、お子様達に近々掛かってくる学業の費用等を懸念し、現状の住宅ローンや負債額これに纏わる返済額に危機感を持っていました、これに対して弊社は今現在の物件の売却と新たに物件の購入や現負債のお纏め等のご提案をさせて頂きました。 新たに4,000万円の家を手に入れ、負債は纏め、今の家は売却にて▲1,000万円、これらを一纏めにして月々の支払いが ¥78,000円-軽減され、今後生涯に渡って住んで行ける新しい家を手に入れる事ができ、お子様の学費等も賄うことが出来る準備も整いました。 ご主人様、奥様共にとても喜んで居られました、勿論新しいお家に住めると言う事で、お子様達も大満足です。

2019年11月  R様の場合
終の住処として遠方にて注文住宅での購入を考えていたご夫婦の場合
<旦那様>

職業・役職 接客業 年齢 57歳
勤続年数 正社員 3年 家族構成 妻と2人
月給・年収 45万円・540万円 住宅ローン 11万円
借入先件数 高金利 3件 借金 総額1,800万円(既存住宅ローン含む)


<奥様>

職業・役職 福祉 年齢 58歳
勤続年数 正社員 3年 家族構成 夫と2人
月給・年収 30万円・550万円 家賃 0円
借入先件数 高金利 5件 借金 総額600万円
購入前合計

310,000円

購入後合計

220,000円

  • 内訳
  • 購入物件価格 ¥3300万円
  • /
  • おまとめ総額 ¥830万円

担当者からのコメント

ご主人は住宅ローンと複数の借り入れがある中、老後は体調を考慮の上穏やかな環境に引越す(不動産を新たに購入)事を考えていました。 遠方への引越しとのことで金融機関から「仕事が変わる」ことを指摘され、現状住宅ローンがあり売却しても残債が残ることも懸念材料として残っていました。 奥様も働いていますがお借り入れが多くどう進めて良いか困惑されていました。 遠方に引越し、借入多し、住宅ローンが残っている、新たに住宅ローンを組む、新たなローンは誰が組むべきか、など問題が山積されている事から収拾が付かなくなる前にプロへ依頼することを思いついたそうです。  結果、弊社にお問い合わせの上ご面談となり、全ての問題を解決していくコンサルをさせていただき円満解決へとお連れすることができました。 私どもは金融機関出身者も複数居り、年間数百件以上の事例を何年も蓄積続けている事から多くの解決策を持っており、お客様のご相談にお答えしております。全てが解決できるわけではございませんが数多くの実績を持って尽力させて頂いております。 

2019年8月  U様の場合
毎月の支払いを減らし住み替えたい
職業・役職 IT 年齢 37歳
勤続年数 正社員 10年 家族構成 妻・子3人
月給・年収 50万円・700万円 家賃 90,000円
借入先件数 高金利 4件 借金 総額600万円
購入前合計

200,000円

購入後合計

132,000円

  • 内訳
  • 購入物件価格 3,600万円
  • /
  • おまとめ総額 600万円

センター長からのコメント

今回ご相談頂いた内容は、マンションを既に所有してるお客様になります。 借り入れが多く毎月の支払いを減らし、戸建に住み替えたいとの相談でした。 弊社で買い取り査定を限界まで頑張り、売却と同時に無事住宅ローンの審査の承諾をもらいました。 住み替えを検討されてる方、是非おまとめも含めて一度弊社にご相談ください。

2019年7月 A様の場合
住宅ローンがあり、借入もあり、新たに注文住宅が必要となってしまった
職業・役職 看護師 年齢 44歳女性
勤続年数 正社員 15年 家族構成 父・妹・甥とご自身(4人)
月給・年収 45万円・650万円 家賃 105,000円
借入先件数 高金利 4件 借金 総額490万円
購入前合計

230,000円

購入後合計

153,000円

  • 内訳
  • 購入物件価格 5,100万円
  • /
  • おまとめ総額 490万円

センター長からのコメント

お客様は10年前に建売戸建てを購入しお父様と住んでおられました。近年の大型台風や地震のせいか、現在のお住まいは今後長期にわたり住み続けることが難しいと感じておられました。 そんな折り、妹様がお子様を連れ先行き不安なこの家に住む事となりました。 問題点はこうです ・住宅ローンを既に組んでいる(住宅ローンは1家庭に1つと決まっています) ・独身である(独身者で住宅ローンを組む事が極めて難しい) ・今の家では長くは住めない(長期に渡り住むお家となると設計の段階から配慮が必要) ご自身達では全てを解決する方法を見つける事は至難と思い、弊社にご相談賜りました。 今回は正直難しいケースとなります。 新たに住宅ローンを通し → 現在のお家を売却しながら → 既存宅住宅ローンを完済 → 新たな土地決めからの建築 これらを全て成功できる方向へ導いて行く事は時間が掛かり、管理がとてもシビアになりますが、経験を持って今回のケースもゴールへ導くことができました。






ページトップへ