ホーム  >  頭金について


頭金がないけれど、その分も住宅ローンで借入をして大丈夫?

このような質問を多くの方からいただいています。

今回はマイホームを購入する際にとても多い「頭金不足」について

取り上げていこうと思います。

 

 

そもそも頭金はなぜ必要?

一般的に「頭金は1割~2割程度を用意した方がいい」といわれています。

それはいったいなぜでしょうか?

理由の一つとしては、住宅ローンの借入額を抑えることが出来るからです。

住宅価格の1割~2割の頭金があれば残りの借入額は8割~9割となり、

その分だけ毎月の返済額を減らすことが出来るので、家計の圧迫を防ぐ

効果があります。

 

もう一つの理由としては、万が一売却をしなくてはならなかったとき

売却価格で住宅ローンを完済できる可能性が高くなる事です。

住宅ローンの残高が少ない方が住宅を売却できた額で残りの住宅ローンを

完済できる可能性が高くなるので、次のお住まいを決めやすくなるという

効果が見込まれます。

 

 

頭金はなくても住宅ローンは借りられるの?



かつては、住宅の価格の8割までしか住宅ローンの借入れが出来ないという

ときもありましたが、現在は住宅の価格の全額まで借入れできる住宅ローンが

ほとんどとなってきました。

とはいえ、誰でも全額まで借入れが出来るという訳ではなく、金融機関は

住宅ローンを貸し出した相手が本当に返済できるのか、滞りなく返済が可能か、

といった借りる方の返済能力があるかどうか、また、住宅に対しての担保価値

があるのかどうか、といった内容で判断しています。

 

特に重要視されている部分が借りる方の返済能力があるかどうかです、

一般的にはその方の年収に対して年間での返済額が何割になるのか、

「返済負担比率」というもので判断されています。

この返済負担比率には、車のローン・クレジットカードのキャッシング枠も

合計して計算されているのでご注意ください。

結論をいうと、頭金がなくても契約する方の返済能力(主に年収・年齢・勤続年数など)

、物件の価格・担保価値によって住宅ローンの借入れは可能という事です。

ただ、金融機関が貸してくれる金額が返済していける金額とは限りません、

先ほどの返済負担比率の計算では大丈夫でも、家計の上で見て長期的に

しっかりと返済をしていくことが出来るのかどうか、再度確認が必要か

もしれません。

頭金がないのと貯金がないのは違います!



これまで頭金についてどのようなものか取り上げてきました。

頭金がなくても、もしくは全額住宅ローンで借りても、返済に無理がないなら

借りても大丈夫、とお話をしてきましたが、それはあくまで頭金の話です。

貯金=頭金という考えで算出してしまうと購入後の生活に支障を及ぼす可能性が

あるからです、万が一病気などで入院や、子供の養育費が膨らんでしまう可能性

が考えられるので、貯金があるから全部頭金に!といった考え方はおすすめ出来る

考え方ではないです。

また、頭金がなく全額借りる際も同じ事で、頭金がなくても借りられる!ではなく、

借りたその先で、月々の返済はしっかりとしていけるか、また万が一に備えて

お金があるのか、そのお金が貯金にあたりますので、しっかりと生活していけるか

を見通した生活プランを立てる事をおすすめします。



ページトップへ