ホーム  >  知っておきたい!!不動産売買の基礎知識


不動産の購入にあたってどのような事を検討しておく事が良いのか、また購入にあたっての注意点について説明いたします。

どのぐらいの予算で探すか
物件の購入にあたって、どのぐらいの予算で物件を探す事ができるのか検討しておくことが必要です。
予算が大体定定まっていないと探しようが有りません。
また、予算を建てるうえでその内訳として、自己資金で賄うのか、住宅ローンを組むのか、資金補助が見込めるかなどついても
確認しておくことが必要です。
住宅ローンについては現在の収入ではいくらまで融資できるのか、また融資が受けられたとしても、その月々どのくらいになるのかも
検討しておきましょう。

2、資金計画
物件を購入するにあたって付随する費用が必要となります。購入形態や条件によって異なりますが、主な付随費用として、仲介手数料
登記費用契約印紙代固定資産税等の清掃金、、融資保証料火災保険料修繕積立一時金引っ越し費用などがあります。
れらの付随費用を対象としたローンやこれらを含めて融資する住宅ローンも見受けられますが、基本的にはこれらの費用は現金による
支払が一般的ですので、資金計画入れておく必要があります。

3、どの地域、種別で探すか
どのエリアで探すかも決めておきましょう。活動の過程において、変更が必要となります。沿線や駅、
地域を広く定めておくことも必要になるかもしれません。
また、戸建てやマンション、間取り、広さも予め視野に入れておくことが必要です。
様々な要因の中で優先順位や譲れない部分などを整理しておくと、物件探しがスムーズに進むようです。

買う寸前、なんとなくではなく、上記にも述べさせて頂いたように、予算、資金、地域、間取りや部屋数細かい所まで決めておくことが
ベストです。物件を買う事は、将来的には資産、財産になりますのでしっかりと余裕をもって決めて行きましょう。



ページトップへ