ホーム  >  都市計画とは


都市計画とは?

皆さんがマイホームを購入するとしたら、どんな点に注目して物件を選びますか?

恐らくほとんどの方は、間取りや設備・築年数・周辺の施設や最寄りの公共交通機関までの
所要時間などをポイントとして調べ、物件を選ばれることでしょう。

ところで、物件情報を見ていると、
都市計画という項目に『市街化区域』や『市街化調整区域』などの記載がされていることにお気づきでしょうか。

普段あまり聞き慣れない言葉ですが、実はこれもマイホーム探しにとても重要なポイントなのです。

今回は、そんな市街化区域や市街化調整区域についてのお話です。


市街化区域って何?

 

これは都市計画法に基づいて決められている都市計画の一種で、
市街化区域以外には市街化調整区域はそれに沿って国や自治体が定めた地域のこと。

物件情報でよく見かけるのは、市街化区域と市街化調整区域ですが、この2つの区域の違いは以下の通りです。

市街化区域…既に市街地を形成している区域と、10年以内に計画的に市街化を進める地域。

市街化調整区域…農業・林業・漁業などに従事する方々が暮らしている地域や、
その業務を行うために必要な建物以外の建築を抑制し、市街化を抑制するべき地域。

つまり、市街化区域は街を活性化させるために活用される地域で、
市街化調整区域はあまり市街地化せず第一次産業に従事する方々と
その用途地域を保護するための地域と考えると良いでしょう。


市街化調整区域でマイホームは購入可能?

それでは市街化調整区域では住宅を持つことはできないの?

そのように考えた方もいらっしゃるかと思います。

ですが、市街化調整区域は「第一次産業に従事する方々とその用途地域を保護するための地域」と述べましたが、
自治体が独自に設けている基準をクリアしていれば、そこで土地を購入して一戸建てを建てることもできます。

市街化調整区域で土地や物件を購入する場合、
購入価格や固定資産税が安く都市計画税がかからないなどのメリットがありますが、
その反面商業施設や公共施設などが周りになく、不便な思いをするというデメリットもあります。

また、市街化調整区域は市街化が規制されている地域であるため、
電気・水道・ガスといったライフライン整備が十分でない場合も。

ソーラーパネルを取り付けて自家発電を行い、お庭に井戸を掘って水源を確保し、
料理をする時やお風呂のお湯を沸かす時は薪で焚くという自給自足の生活を行うのであれば話は別ですが、
そんな簡単なものではないですよね。

もしそうしたライフラインを整備するために自力で引く場合、
当然ながら多額の費用が発生しますので、損失が生まれる可能性も否定できません。

その他にも、その購入した土地や物件のあるエリアが将来建築不可となった場合、
建て替えることができない可能性もありますので、
どうしても市街化調整区域でマイホームを持ちたいとご希望される場合は、そうした点も注意が必要です。


市街化区域かの調べ方

 

ところで、皆さんは現在お住まいの地域やマイホームを購入予定の地域の中で、
どこからどこまでが市街化区域や市街化調整区域と定められているかご存知ですか?

恐らく多くの方がご存じでないと思いますが、こうした地域の分類は
各自治体の都市計画担当の課へ赴いて調べることが可能です。

都市計画担当課では都市計画図という資料を保有していますので、それを見て調べることができますよ。

また、一部の自治体ではインターネットで都市計画図を公表していますので、
該当する自治体にお住まいの方やマイホームを購入予定の方は、そちらで調べるのも良いでしょう。


まとめ

 

今回の記事では市街化区域と市街化調整区域について読み解きました、

では、今度はその建築条件に付いて書いていきたいと思います。



ページトップへ