ホーム  >  住宅ローンの残高が減らない!?年齢ごとの平均借入額と返済プランは?

住宅ローンの残高が減らない!?年齢ごとの平均借入額と返済プランは?


住宅ローンの残高が減らない!?年齢ごとの平均借入額と返済プランは?



住宅ローン返済が始まって少し経つと、多くの人が「思ったよりも住宅ローンの残高が減らない」と感じるようです。
多くの人は毎年、金曜機関から送られてくる「住宅ローン残高証明書」で、その残高を確認すると思いますが、返予定表でも残高出来ます。
ここでは、、返済予定表の見方や確認すべきポイントを解説します。また、住宅宇ローン残高が思うように減らない時の見直しについても触れます。

住宅ローン残高を確認していますか?


住宅ローンを借りている人の中には、毎月の返済日や返済金額を意識する事はあっても、残高がどのくらいかを意識して確認する人はいないと思います。
では、そんなみなさんが残高を意識するタイミングはいつでしょうか。
おそらく大多数の人は、10月上旬から中旬くらいに届く、「住宅ローン残高証明書」を受け取った時ではないかと思います。
これは年末調整や確定申告で使用する為の書類です。
例えば金利1.5%、返済期間35年、元利均等返済で3,000万円を借りると、毎月返済額9万2,000円です。この場合、3年後住宅ローン残高は
幾らくらいだと思いますか。
答えは「約2,800万円」です。つまり、3年間、毎月9万2,000円弱返済をしていても、元本は200万円しか減りません。3年間、毎月9万2,000円
を返済し続けると約330万円を払っているっ事になりますが、その内の130万円くらいは利息の支払いに充てられているのです。

3ヶ月からあ半年に1度は残高を確認しよう。



毎月返済をしているのに住宅ローン残高がなかなかが減らないと感じてしまうと、返済を続けるのが辛くなってしまうかもしれません。
その様な事態を防ぐために3ヶ月~半年に1回住宅ローン残高を確認するとよいでしょう。少しづつですが、確実に返済が進んでいる事に
意識を向けてみては如何でしょう。余裕があるときにはレジャーで消費してしまっていたお金を貯蓄して繰り上げ返済に回すなど、ローン
返済に積極的に取り組めるようになる効果もあると私は考えています。

住宅ローン残高を知る為に、返済予定表をチェックしよう!!


10月に届く住宅ローン残高証明書以外で残高を確認する方法としては「返済予定表」があります。
返済予定表は、借りた後に金融機関から送られてきます。返済予定表は「借入条件」と「返済予定」の2つ記載されています。
書式は金融機関ごとに違っています。

まとめ


現在の金利水準が、これ以上は下がりにくいところまで下がっている事を考えると、ここからさらに金利が下がる可能性よりも
、逆に上がる可能性の方が高いと言えるでしょう。そのため、もっし変動金利型の住宅ローンを借りている場合には、将来の金利上昇リスク
に備えて長期固定金利の住宅ローンへの借り換えを検討してみる事も、選択肢の1つとしておすすめします。
借りた後も残高や金利動向をチェックして、なるべく早く完済する為に、最適な方法で上手に住宅ローンの返済をしていきましょう。





ページトップへ